静岡市 駅南(城南大里地区)は西洋建築街区 西洋建築を感じる 散歩コース(4.5km、約1時間)1

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

西洋建築の意匠は 古くはアッシリアやエジプトまでさかのぼれますが、今も 人々の心を魅了するのは、ギリシャを起源とて派生していった意匠でしょう。
 
しかし、法の規制、職人技の衰退、建築関係者の理解の深さなどの事情で、日本では 西洋建築のファサードを なかなか上手に実現しにくいのが現状です。
 
にもかかわらず、なぜかはわかりませんが、この地区には、西洋建築の息吹を感じさせる建築が 多く集まっています。
静岡市 駅南西(城南地域・大里地域)は、今や、西洋建築街区ともいえる状況になっているのです。
 

西洋建築を感じる 散歩コース(4.5km、約1時間)

それでは、ヨーロッパの美しい街なみへの変貌をとげつつある
静岡市 駅南西 城南大里地区(城南地域・大里地域)を感じる散歩に出てみましょう。
起点は、JR静岡駅 南口です。

その1 アーセンティア迎賓館

 
まず、駅の南口を、南(海)に向かって、石田街道を進みましょう。
途中に南幹線との交差点があります。そこを越えると、見えてくるのが、 
新古典主義調のファサードが美しい『アーセンティア迎賓館』です。

  • アーセンティア迎賓館
  • その2 はいからさん通り壱番館

     
    そのまま、さらに石田街道を南に向かいます。次の大きな通りの丸子池田線との交差点があります。
    この角に、見えてくるのが、
    「はいからさん通り 壱番館」です。

    共用玄関のドアを開けると、贅の凝らされたエントランスルームがあなたを待ち受けます。

  • はいからさん通り壱番館
  • その3 プティ・トリアノン

     
    そのまま、さらに石田街道を南に向かいます。
    『ファミリーマート』と『静岡信用金庫』の交差点を越え、さらに進み、『レクサス』の交差点
    (右手に、『アイアイ家具』が見える交差点、押しボタン式の交差点)を、
    西(安倍川)に向かって渡り、進みましょう。
    『アイアイ家具』の裏手に、見えてくるのが、
    この秋、新たに加わったのが『プティ・トリアノン』です。

  • プティ・トリアノン
  • その4 南欧風住宅(個人宅)

     
    そのまま、さらに西(安倍川)に向かって進みましょう。
    『』わかば幼稚園を越えたら、次の交差点で、今度は、北(山)に向かって進みます。
    元に戻ることになりますので、再び、丸子池田線との交差点に出ます。
    交差点では、左にウェルシア、右にスーパーのピアゴが見えるはずです。
    この交差点に出たら、今度は向きを変えて、西(安倍川)に向かって進みましょう。
    大きな交差点を2つ(中田小学校前、馬渕4丁目)越えると、無印の住宅展示場の横に、
    南欧風の建物が見てきます。(個人宅)

    1 2 3

    Pocket
    [`evernote` not found]
    LINEで送る
    [`yahoo` not found]
    このエントリーを Google ブックマーク に追加

    少しでも 参考になるようでしたら いいね! よろしくお願いいたします 

    関連記事

    ページ上部へ戻る