過去の記事一覧

  • ポートランド、世界で一番住みたい街をつくる

    簡単な書評・本の紹介: 今、話題となっている 東京都の都政改革本部には、上山信一顧問という方がいます。 その方の書いた本で、昔、色々と参考にさせていただいたことがあります。 その本の主題である行政評価という…
  • 30年家賃保証・一括借上の恐怖(2)

    前回からの追になります。 原稿を書いた時点では、まだ見落としているリスクがあることに気がつきました。 さらに、考えを進めてみましょう。 仮に30年間保証の家賃が、最初に契約したおりの金額がそのまま続くとしま…
  • 建築計画の実現性に予算は含まれる?

    最近、新国立競技場の予算見積もりが、常識外に高騰したことについて危ぶむ報道が出てきています。 これは国家プロジェクトなので、投下資金は、かなりの程度まで度外視される上、 この手の報道は、あることないこと、いろいろ…
  • 退去後清掃:床の汚れを判別する(2)

    世間的には、マンション・オーナー業は、楽に儲かる職業の代名詞かと思いますが、知識不足から、また投資期間が10年超単位で、大きな金額にもなることから、色々なタイプのリスクにさらされ、ひとつでも間違うと儲けを失う、どちらかと…
  • 自動運転車が行き交う未来の都市と集合賃貸住宅

    自動運転車、セルフ・ドライビング・カーについては、Googleなどの実験車両などのニュースが流れるなど、関心が高まりつつあります。これが集合賃貸住宅にどのような影響を与えるのかは、マンション・オーナーにとって関心のある事…
参考図書の紹介:
 
ウィトルーウィウス建築書
古代建築家の書いた本で、古代建築における意匠の原理を解説した本です。

英国貴族の邸宅
新古典以降の建物の意匠の参考になる本です。
■TVドラマ『ダウントン・アビー』の撮影ロケ地カーナーヴォン伯爵の『ハイクレア城』はチャールズ・バリーによって19世紀中頃に改装され、今の姿であるゴシックリバイバル様式となったとされています。この本には、これより、半世紀程前の時代の雰囲気を感じさせる建物について紹介されます。

古代ローマの記念門
ローマ時代の意匠の参考になる本です。
ページ上部へ戻る