アベノミクスが東京のマンションを変えた

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2015年5月号のクーリエ・ジャポンの83ページには
『アベノミクスが東京のマンションを変えた』と題された
フィナンシャルタイムズの Robin Harding 記者の記事の転載が掲載されていました。

日本のマンションの3LDKといえば、70㎡ほどの広さが通例なところ、
最近売り出された物件は、60㎡になって同価格帯、

というリポートでした。

以前のような広さを買える
(消費者が買えるだけの資金を持つようになる
 または
 供給者が同じ広さを以前と同じ価格で出すようになる)
のでしょうか?

詳しくは、雑誌でお確かめください。

外部リンク→クーリエ・ジャポン

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

少しでも 参考になるようでしたら いいね! よろしくお願いいたします 

関連記事

ページ上部へ戻る